環境宣言

 私たち㈱大塚プラスチック工業は、持続可能でよりよい世界を目指す“SDGs”の重要性を認識し、自ら環境と安全に配慮した活動に積極的に取り組むとともに、特徴を生かしたプラスチックの活用と環境に悪影響を及ぼさないプラスチックの利用を呼びかけます。

取り組み目標

事業活動の全域において、SDGsの17目標のうち重点的に以下の7項目について目標達成のために有効な活動を設定し、継続的に取り組みます。

目標 キーワード
06安全な水とトイレを世界中に 全ての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を保証する
  • 有害な化学物質の放出、未処理排水の排出をしない
  • 水質改善に資する活動と水利用の効率化
07エネルギーをみんなにそしてクリーンに 全ての人々に安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを保証する
  • 再生可能エネルギーの利用
  • エネルギー効率の倍増
08働きがいも経済成長も 包括的かつ持続可能な経済成長及び全ての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用を促進する
  • 高いレベルの経済
  • 生産性働きがい
  • 開発重視
09産業と技術革新の基準をつくろう 強靭なインフラ構築、包括的かつ持続可能な産業化の促進およびイノベーションの推進を図る
  • 資源利用効率向上
  • クリーン技術及び環境に配慮した技術
11住み続けられるまちづくりを 包括的で安全かつ強くしなやかで持続可能な都市および人間居住を実現する
  • 廃棄物の管理による都市の環境維持
12つくる責任つかう責任 持続可能な生産消費形態を確保する
  • 天然資源の管理
  • 廃棄物の排出削減と管理
14海の豊かさを守ろう 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し持続可能な形で利用する
  • マイクロプラスチックによる海洋汚染防止